語学の必要性

ビジネスでは語学の必要性は増しています

学校教育で、英語は中学や高校で必須であり、大学では英語以外にも第2外国語の教育が実施されています。
しかし、多くの人は海外旅行を頻繁にするわけでなく、商社などに就職する訳でなく、英語などの必要性はないと考えがちです。
これは、認識不足と言わざるを得ません。
かつては、語学を自分の特技として就職活動などに活かすためと考えられていましたが、ビジネスの世界では今や英語などの語学は必須に成りつつあるのです。
海外営業のみならず、どんな職種の人でも、大企業のみならず、中小企業でも語学の必要性は増えているのです。
メーカーなら海外生産が当たり前となり、あらゆる職種の人が海外と関わる機会が増え続けているのです。
メーカーでなくても、多くの商品を海外から輸入し、それを国内で販売する事は当たり前の様に行われているのです。
ビジネスの世界では、多くの分野でグローバル化が進んでいるのです。
こうしたビジネスの世界で、バリバリと仕事をする為には、英語をはじめとする語学の必要性は増大し続けており、大企業では職種に関係なく昇進の必要条件として一定以上のTOEICスコアーを取る事を課している所も増えているのです。
若い頃から、こうした状況を認識し、しっかりと語学の勉強に向き合って欲しいものです。

語学の必要性について

語学はビジネスでも日常でも海外の人たちとコミュニケーションをとる機会が増えているので、語学勉強の必要性が増しています。
日本から海外に行くときだけでなく、日本にも海外から英語圏の人たちが訪れているので語学力があると重宝されます。
専門的な会話ができなくても、日常会話ができる程度の能力があった方が便利です。
道を聞かれるときや簡単な挨拶をするときに会話ができるだけでも出会いのチャンスを得ることができ、人の役に立つことができます。
さらに深く海外の人たちとコミュニケーションを取りたい場合には、外国語と同時に日本語や日本に関する知識を持っておく必要性も高まってきています。
海外の人たちと会話をすると日本語や日本の文化に関して質問されることが多くあります。
そのときにきちんと説明ができると尊敬の目で見てもらえます。
日頃からそうした機会のために単語を覚えたり、簡単な表現を覚えておくだけでもいざというときに役立ちます。

Favorite

最終更新日:2016/11/7

copyright(c) 2015 「語学の博士」 all rights reserved.