補助金制度

補助金制度を利用して語学を修得

最近日本では、英語を社内言語として採用する企業が徐々に増えています。
入社前に語学資格を取得した基礎力のある社員にとってはそれほど高いハードルではありません。
しかし実際は、業務をこなしながら語学も身に付けなければならないという現実に直面し、困惑しているケースが多いと言えるでしょう。
語学を短期間でマスターするためには留学がありますが、海外赴任などのチャンスを得ることが出来る人は限られています。
そこで英会話スクールが思い浮かびますが、授業料は高額なことが一般的です。
そこで国が提供する補助金制度を利用すれば、支出を抑えることが出来ます。
通常は雇用保険の被保険者であることが条件です。
授業の出席率や試験の得点率など、一定の要件を満たさなければなりませんが、スキルアップを考えている社員には非常に有用です。
また、こうした補助金制度を利用した企業も国から様々な恩恵を受けるケースがあり、積極的に制度を推奨するケースも増えています。
語学以外にも様々な資格取得に補助金制度が適用されています。

語学習得に関する補助金

  東京オリンピックが近づいてきました。
このオリンピック関連では、やはり多くの語学の達人が活躍することになろうと思われますが、実は、この語学習得に関する補助金が出る可能性もあるのです。
正確には補助金が出るのでは無く、事業所で何らかの新規事業を行うために必要な英語を始めとした語学習得ということになるのではないかと想定されます。
  語学習得だけでは補助金は絶対に出ませんが、習得した技術を使って、何か社会のためになる様な事業を行う、そのために勉強して、例えば英検二級以上の方を五人以上社員に取得させたい等といった場合には、補助対象事業として認定されるかも知れません。
  しかしながら、助成金等は、いくら補助要綱にガッチリと該当しているからと言ってもそっくり頂ける訳ではありません。
第一次審査や第二次審査等がありますので、まずは、第一次審査を通過する様、一つの案件に五分程度しかかけられない審査員への配慮として、ビジュアル的な申請書の作成が求められるでしょう。

recommend

2016/1/25 更新

copyright(c) 2015 「語学の博士」 all rights reserved.