語学関係の仕事

語学力を活かした仕事

語学力を活かした仕事に就きたい場合は、検定試験などを受けて資格を得ておくと便利です。
帰国子女で英語を流暢に話せるとしても面接などでは資格の有無が重要になってきます。
学生の場合は資格試験は半額の料金で受験できるので、学生の間に試験を受けておくとお得です。
翻訳の仕事ではリーディング力、通訳の仕事ではリスニング力やスピーキング力などそれぞれに特化した技能が必要ですが、語学試験ではすべての技能をテストされるので、どれか一つ資格を持っておけば語学関係の職業に就きたいときに役に立ちます。
語学力を短期間で身につけたい人は留学をするのが効果的です。
一日中、外国語に触れる機会が得られるので、日本にいながら勉強するよりもスピーディーに修得できます。
海外でネイティブスピーカーの友人を作れば会話力を磨くことができ、友人にわからないところを質問するチャンスも得られます。
海外との交流も生まれるので将来、役に立つ人脈を作る良い機会にもなります。

語学関係の仕事について

語学関係の仕事に就くには出身の学校のレベルよりも資格のレベルの高さが重要です。
検定試験なら上位のものを取得しておき、高得点を得ておくと仕事で有利になります。
検定試験などはリスニングやリーディング、スピーキングなどの仕事をしていく上で必要な技能をテストすることになるので一番、参考にしてもらえる資格です。
語学勉強では「話す」「聞く」「読む」「書く」の4つの技能を伸ばしていきますが、人によってどの技能が得意でどの技能が不得意かは変わってきます。
それらの得意不得意を認識して、自分に合った勉強方法を取り入れることで技能を上達させることができます。
翻訳の仕事ではリーディング力と単語の語彙力が必要なので、リスニングやスピーキングよりも読解力と単語の知識を重点的に勉強するのが効果的です。
予備校や塾の講師を目指しているなら、受験生のために文法を集中して覚える学習が必要です。
また、学校の試験問題の傾向を知っておくことも大切です。
語学関係の職業はさまざまなジャンルがあるので、それぞれに特化した学習をしていきましょう。

おすすめWEBサイト

最終更新日:2016/6/16

copyright(c) 2015 「語学の博士」 all rights reserved.